英語マメ知識

【手の消毒をして下さい】や【マスクの着用・検温をお願いします】を英語で言ってみよう!

covid phrases

この記事では、【手の消毒をして下さい】や【マスクの着用・検温をお願いします】などの英語の伝え方を例文つきで解説していきます。

海外では、公共の場での手の消毒やマスク着用に関するコロナ対策のルールが日本とは全く異なる中、6月10日より2年2ヶ月ぶりに日本の外国人観光客の受け入れが再開されますね。

この為、外国人が訪れる観光地でお店やサービスを提供している人たちは、手の消毒やマスクの着用を英語でお願いしなければならない機会が増えることが予想されます。

折角2年ぶりに日本を訪れる外国人客相手に失礼な言い方をして気分を悪くさせてしまったり、頼んだ英語が通じなくコロナ感染予防ができなくなってしまう事は避けたいですね。

そこでこの記事では外国人観光客相手に手の消毒からマスク着用、検温のお願いなど、コロナ感染対策関連の英語のフレーズを紹介しているので、是非活用してみてください。

 

消毒するの英語は「Sanitize」・「Disinfect」の二つ!違いや用途を説明

動詞
  • Sanitize:消毒する
  • Disinfect:殺菌する
名詞
  • Sanitization:衛生化
  • Sanitizer:消毒薬
  • Disinfection:殺菌する行為
  • Disinfectant:殺菌剤

「Sanitize」と「Disinfect」の意味は似通っていますが、以下のようなニュアンスの違いがあります。

  • Sanitize:何かを使用する前に前もって消毒し衛生的な状態にする
  • Disinfect:すでに菌が付着している物質を殺菌し消毒する。

まな板やおもちゃを消毒する事や、お出かけに持ち歩くウェットシートなどは「Sanitize」の部類に属し、市販の手指の消毒液も「Hand Sanitizer」として売られています。

「Disinfect」は、Sanitizerよりもさらに抗菌力の強い薬剤を用いて消毒するイメージで、医療現場やクラスターが起こった施設、トイレなどを消毒・殺菌する際に使われるます。

 

【手指の消毒をして下さい】と英語でお願いするフレーズ3つを例文と一緒にご紹介!

それでは、早速外国人観光客に手の消毒をお願いする際に使える英語のフレーズを3つ以下にご紹介していきたいと思います。

それぞれ、実際に使える例文をニュアンスの違いと一緒に解説するので是非参考にして下さい。

フレーズ①:Please sanitize your hands.

例文:Please sanitize your hands before you enter the shop. 

[訳] お店に入る前に手指を消毒して下さい

例文:Please sanitize your hands after you used the toilet.

[訳] トイレ使用後は手指を消毒して下さい。

「Please sanitize your hands」は和訳は、あなたの手を消毒して下さいと直接的にお願いするフレーズです。

お店などに入る際に、無条件で消毒をお願いする強めの言い方ですが、失礼にあたる表現ではないのでご安心を。

 

フレーズ②:Please use hand sanitizer.

例文:Please use hand sanitizer each time you enter shops and restaurants.

[訳] お店やレストランに入る前は、毎回手の消毒をお願いしています。

例文:Please use hand sanitizer provided upon boarding on the bus.

[訳] バスに乗る際は、備え付けの消毒液をお使い下さい。

「Please use hand sanitizer」の和訳は、消毒液をお使い下さいになるので、手を消毒して下さいとお願いするよりも少し控え目なアプローチの表現と言えるでしょう。

「Please sanitize your hands」、「Please use hand sanitizer」でも、お願いのアプローチの仕方が変わるだけであり、両方問題なく使えますよ!

 

フレーズ③:Please disinfect your hands.

例文:Please disinfect when you sneeze into your hands.

[訳] 手にくしゃみをした際は消毒して下さい。

例文:Please disinfect your hands wneh you touch animals.

[訳] 動物に触った後は、手の消毒をして下さい。

記事の冒頭で説明した通り「Disinfect」は、すでについてしまった菌を殺菌する際に使う単語です。

手にくしゃみをした時や動物に触った後は、確実に菌が付着している状態なので上記の表現をする事が適当だと言えます。

外国人観光客に「Please disinfect your hands」とお願いした場合、すでに手が菌で汚れているというイメージが沸いてしまうので、気分を害してしまう可能性があります。

この為、「Please sanitize your hands」とお願いした方が、相手も快く応じてくれるはずですよ!

 

【マスクの着用をお願いします】の英語は Please wear a mask.

マスク着用のお願いを英語でするには非常にシンプルで、「Please wear a mask」で伝わります。

以下にいくつかのシーンに合わせた例文を紹介するので、ご自身の状況に合わせ応用利用をして下さいね。

例文:Please wear a mask when entering our premsies.

[訳] 我々の敷地内に入る時はマスクを着用して下さい

例文:Please wear a mask while you are not eating or drinking in the restraut.

[訳] レストラン内で飲食をしていない時はマスクを着用して下さい

例文:Please wear a mask when traveling on public transports.

[訳] 公共の交通手段で移動をしている際は、マスクの着用をお願いします。

次に、マスクの種類についての英語を紹介していきます。

コロナ対策で世界中の人々がマスクをするようになったので、マスクのタイプを伝えなくても理解してもらえますが、参考の為に様々な種類のマスクに関する英語ををリストアップしました。

マスクの種類

  • non-woven/unwoven mask:不織布マスク
  • surgical mask:医療用マスク
  • disposable mask:使いすいてマスク
  • handmade mask:手作りマスク
  • cloth mask:布マスク
  • washable mask:洗濯できるマスク
  • reusable mask:再利用可能なマスク
  • face shield:フェイスシールド

マスクと言っても、様々な物がありますね!

 

【検温してください】と英語でお願いするにはLet me check your temperature, please?

欧米では、コロナ渦中の現在であっても医療機関以外で体温を測る事は非常にまれになっています。

この為、お店などで体温を測らせてくださいと聞かれる事にはなれていません。

以下の例文を参考に、外国人観光客に検温のお願いを英語で聞いてみて下さい。

また、検温で熱があった場合に使えるフレーズも紹介しているので、必要となってしまった場合か活用して下さい。

例文:Let me check the temperature on your forehead, please?

[訳] おでこで体温を測らせて下さい

このフレーズは、人が体温計を使い外国人に体温を測らせてもらう時に使えるフレーズです。

例文:Please stand infront of the automatic thermometer to check your temprature.

[訳] 体温を測るために、あちらの体温計器具の前に立って下さい。

このフレーズは、自動で体温を測る機械で検温をしてもらう際に使える文章です。

例文:Please place your wrist 5 cm away from the automatic thermometer over there.

[訳] 手首をあちらの体温計器具の5㎝手前にかざして下さい。

こちらは、手首で体温を測るタイプの検温器を利用する場合のフレーズです。

例文:Your temprature is over 37.5 °C. I'm afraid you won't be able to enter our premises.

[訳] あなたの体温は37.5度を超えています。申し訳ありませんが、ご入場いただけません。

このフレーズは検温した体温が高い場合に入場をお断りする際に使える表現です。

 

「ソーシャルディスタンスを保って下さい」はPlease practice social distance.

ソーシャルディスタンスを保つは、「Please keep social distance」と言ってしまいそうですが、これは文法的に正しくありません。

「Please keep social distance」の正しい表現は、「Please keep/maintain social distancing」と,distanceをing形にすれば正しい文法になります。

上記の表現はややこしくて間違えてしまいそうだなと心配な場合は「Please practice social distance」の方が覚えやすいでしょう。

「Practice」には、練習すると言う意味以外にも実施するという意味もあり、上記の表現ではこの解釈を取る事が適当です。

それでは、以下にソーシャルディスタンスの例文をいくつか紹介させていただきますね。

例文:Please practice social distance while waiting at the till.

[訳] お会計の際は、ソーシャルディスタンスを保つようにお願いいたします。

例文:Please keep/maintain a safe distance from people around you and staff.

[訳] 周りの方やスタッフとの安全な距離を保つようにお願いします。

ソーシャルディスタンスは日本では2mとされていますが、筆者の住むオーストラリアではなんと1.5mと設定されているんです!

国ごとに異なるソーシャルディスタンスのお願いをするよりも、安全な距離を取ってもらうお願いをしたほうが分かりやすいかもしれませんね。

 

【手の消毒をして下さい】【マスクの着用・検温をお願いします】等コロナ感染予防の英語フレーズまとめ

日本語でも一つの事柄を表現するのに、様々な言い方がありますよね?

英語も、一つのポイントを伝えるための多岐に渡る表現が存在します。

これから外国人観光客をもてなす機会が増える中、コロナ対策のお願いをどう英語でお願いしていいのか迷った場合は、以下が最もスタンダードで簡単な表現となります。

Please sanitize your hands.

手指の消毒をお願いします。

Please wear a mask.

マスクの着用をお願いします。

Let me check the temperature, please?

検温をお願いします

Please practice social distance

ソーシャルディスタンスを保って下さい

ぜひ上記の表現を活用し、観光する側、もてなす側にとって安心・安全な環境を提供して下さいね!

-英語マメ知識

© 2022 Allied Bright Living Powered by AFFINGER5