オンライン英会話 英語学習

QQ English(イングリッシュ)のカランメソッド2種に計11回挑戦!【実態と効果】 

banner

QQ English(イングリッシュ)でカランメソッドを受講できるって聞いたけれど、レッスン内容や講師の質、効果の有無が気になる!

自分でQQ English(イングリッシュ)のカランメソッドを試す前に、既に受講している人の感想を聞いてみたい人も多いとおもいます。

そこでこの記事では、QQ English(イングリッシュ)が提供する4つのカランメソッドの中から、2種のレッスンを計11回受講してみたので、その特徴や感想、効果のほどを詳しく解説したいと思います。

正直に言うと一回目のレッスンはカランメソッドのレッスン自体に慣れていなく、とても、あたふたした授業でした!

しかし、回数を踏むごとにカランメソッドの特徴とテンポが体で分かるように。

さらに、息の合う講師らと毎回レッスンを受講することで、スムーズにQQ English(イングリッシュ)のカランメソッドが受講できるようになりました。

QQ English(イングリッシュ)でカランメソッドを11回受講した時点で、すでに苦手だった冠詞の使い方や、リスニング力のアップ、返答するスピードが向上してきている実感があります!

 

\ 4倍速で英語をマスターできるカランメソッドのレッスンを無料体験できる! /

登録3分・クレジットカードの登録必要なし♪

 

目次

QQ English(イングリッシュ)のカランメソッド:9つの特徴

特徴

QQ English(イングリッシュ)は、日本国内でカランメソッドを受講できる数少ないオンライン英会話の正式認定校。

その中でも、確たる実績を誇るQQ English(イングリッシュ)が提供するカランメソッドは、受講者に嬉しい様々な特徴があります!

カランメソッドの種類からお得な料金体系、実証実験で立証したTOIECスコアアップの効果まで、その特徴を以下に詳しく解説していきますね。

 

①:日本のオンライン英会話で初のカランメソッド正式認定校

ロンドンのカランメソッド協会から正式認定された、日本国内のオンライン英会話は以下の3校のみです。

カランメソッド正式認定校

✓ QQ English(イングリッシュ)

✓ Native Camp

✓ 新・お茶の間留学(旧Geosオンライン)

上記のスクールの中でも、QQ English(イングリッシュ)はカランメソッド正式認定として、最も歴史の長いオンライン英会話であり、いわば日本におけるカランメソッドの先駆者とも言えます。

カランメソッドの正式認定校になるためには、CMO(Callan Method Organisation)の厳しい品質チェックをパスする必要があります。

そして認定が下りた後も、正式認定校としてカランメソッドを提供していくためには、年に一度カランレッスンを提供している動画をカラン協会に提出し、品質管理に努めなければいけません。

QQ English(イングリッシュ)は毎年カラン協会による厳しい審査をクリアし続け、2020年8月20日にカランメソッドのオンラインレッスン数が圧巻の300万回を突破した、確かな実績を叩き出している超ベテランスクール!

その圧倒的な支持率は、QQ English(イングリッシュ)の半数近くの利用者がカランメソッドを受講しているというデータからも伺えます。

SHIZUKA
QQ English(イングリッシュ)が提供するカランメソッドのレッスンの質の良さと利用者の満足度が、300万回というデーター実績に反映していると言えるわね!

 

注意

カランメソッド対応と宣伝しているオンライン英会話スクールが多く存在しますが、上記3校以外のスクールはカランメソッドの正式認定校ではないので注意しましょう。

正式認定校の講師は正式なカランメソッドのトレーニングを受けていないばかりでなく、受講者はカランメソッド協会が無料で提供する自習素材も利用できません。

 

②:カランメソッドレッスン単価が正式認定校の中で最安値!

レッスン単価 月額料金(税込) レッスン回数
QQ English 355円 10,648円 30回
Native Camp 416円 12,480円 30回とする
新・お茶の間留学
  • ①:982円
  • ②:962円
  • ②:7,860円
  • ②:11,550円
  • ②:月8回
  • ②:月12回

ネイティブキャンプは月額料金6,480円でレッスン受け放題ですが、カランメソッドを受講する場合レッスン予約につき通常200円の追加料金が発生します。(カランメソッド予約半額等のキャンペーンで予約料金が通常価格より安くなる場合もあり。)

カランメソッドは毎日受講した方が効果も出やすく、QQイングリッシュとの料金も比較しやすいので、ここではネイティブキャンプを月30回受講するという設定で月額料金を割り出したいと思います。

ネイティブキャンプを月30回、通常のカランメソッド予約料金の200円で予約した場合に必要な月額料金は12,480円です。

この場合、ネイティブキャンプのカランメソッドレッスン単価は416円。

新・お茶の間留学は月8回、あるいは月12回のプランしかなく、最安値カランレッスン単価はQQイングリッシュの約3倍の962円!

QQ English(イングリッシュ)で50ポイントの講師とカランメソッドを受講した場合、追加料金やポイントは一切必要なく、月30回のプランで10,648円。

レッスン単価は355円と、正式認定校3スクールの中で最安値でカランレッスンを受けられるのがQQ English(イングリッシュ)です!

SHIZUKA
QQイングリッシュは日本におけるカランメソッドの先駆者で確かな実績もある上に、料金も最安値なんて、絶対に試してみる価値ありね!

 

③:TOIECにも効果大!実証実験で学生全員のTOIECスコアがUP!

TOIEC

出典:https://www.qqeng.com/

2011年、QQ English(イングリッシュ)はカランメソッドの効果を実証する為に、明治大学「文明とマネジメント研究所」と提携し、大学生21名の協力のもとに実証実験を行いました。

80時間のカランメソッドをオンライン・マンツーマン形式で21人の生徒に受講してもらうという実験内容です。

その効果を実証する為に80時間のオンラインレッスン受講後、全ての生徒にTOIECを受験してもらった所、平均で110点アップ、最高で250点アップした生徒もいたとの事!

そして、この実験で注目したいポイントは、生徒の英語レベルに関わらず、全ての生徒のTOIECのスコアがアップしたという事です!

マンツーマンのカランメソッドレッスンは、あらゆるレベルの英語学習者にとって効果があることを、この実験結果が証明しました。

そしてさらに驚くべき事実が、21人の生徒にアンケートを取った所100%の満足度だったという事です。

アンケート

出典:https://www.qqeng.com/

 

SHIZUKA
単調に感じやすいカランメソッドを80時間も受講したにも関わらず、満足度100%って凄い!
やっぱり、厳しいトレーニングでも上達している手ごたえが感じられると、継続するモチベーションや満足度につながるんだね!
旦那さんMAX

 

④:カランメソッド正式トレーニングを受けたプロの講師陣!

teacherQQ English(イングリッシュ)は定期的にカランメソッド協会から正式トレーナーを招き、所属講師達に徹底した研修を行っています。

日本国内ではQQ English(イングリッシュ)、ネイティブキャンプ、新・お茶の間留学以外のカランメソッド非正式認定校の講師達は、ただ単にメソッドの方法を真似てレッスンを提供しているにすぎません。

この為、非正式認定校の講師達はカランメソッドの教え方にばらつきがあり、その効果を最大限に引き出せない可能性が高いのです。

その反面QQイングリッシュには正式にカランメソッドを教えるトレーニングを受けたプロの講師たちが1,300人以上所属している為、24時間いつでもカランメソッドを受講する事が可能です!

SHIZUKA
おまけに、QQ English(イングリッシュ)の講師達はカランメソッドを教えるトレーニングを受けているだけに留まらず、英語を教える国際免許「TESOL」を全員保持している、プロの英語講師陣なんですよ!

 

⑤:正式認定校の中で最も充実:6つのカランメソッドコース!

QQ English(イングリッシュ)6つの大人向けカランメソッドコース
コース レッスン時間 特徴
カランメソッド 25分 一般教師によるカランレッスン
カランメソッド50分 50分 カランエキスパート講師による50分間の集中カランメソッドレッスン
カランメソッド・ビジネス 25分 実用性のあるビジネス用語を学んで行くビジネス特化型カランメソッドレッスン
カランメソッド・ビジネス50分 50分 カランエキスパート講師による50分間の集中ビジネス特化型カランメソッドレッスン

QQ English(イングリッシュ)は4つの大人向けカランメソッドコースが提供されており、正式認定校3スクールの中で最も充実したコース数です。

「カランメソッド・ビジネス」・「カランメソッド・ハードコア・ビジネス」は、カランメソッドのステージ8を終了した生徒に推奨されているコースですが、実際にはステージ8に到達していなくても、誰でも受講することが可能です。

SHIZUKA
後ほど詳しく説明しますが、しずかも興味本位でカランメソッド・ビジネスを受講してみたので、興味のある方は参考にしてみて下さいね!

 

⑥:生徒全員がステージ1からの開始でしっかり基礎固め!

studentQQ English(イングリッシュ)は、カランメソッドを受講する生徒全員がステージ1から開始します。

この為、カランメソッドを受講するためのレベルチェックは必要ありません。

カランメソッドはステージ1~ステージ12までありますが、カランメソッドの独特なレッスンに慣れることが非常に大切です。

ステージ1から全員始めることでカランメソッドのルールに慣れると同時に、日本人が苦手とする冠詞や時制を始めとする文法や発音などの基礎を徹底的に鍛え直していきます。

実際に私はTOIEC975点ですが、ステージ1から始めてもカランメソッドのルールに慣れるまでに時間がかかり、文法ミスの指導もかなり入りました。

SHIZUKA
スポーツでも初期の頃に覚えてしまった悪い癖を直さないと、いつまで経っても上達しないのと同じで、英語も正しい基礎を身に着ける事が上達の早道につながるのね!

 

⑦:講師はアメリカアクセント: 米語の発音を学びたい人に最適!

americanカランメソッドは、イギリス人のカラン氏によって開発されたメソッドな為、イギリス英語の単語や文法がベースとなっています。

この点が、アメリカ英語を身に着けたい人にとってはネックになる場合もあります。

ところが、QQ English(イングリッシュ)の講師は全てフィリピン人。

フィリピン人はアメリカ英語を義務教育から学んできたので、英語の発音は完璧なアメリカンです。

カランメソッドに挑戦しながらアメリカンアクセントを身に着けたい人には、QQイングリッシュは持ってこいのスクールです!

余談ですが、イギリス英語の単語がアメリカで通じないという事は一切ありませんし、逆にアメリカ人にとってブリティッシュ・イングリッシュは憧れの的なんですよ!

 

⑧:カランメソッド以外のカリキュラムも受講可能

booksQQ English(イングリッシュ)はポイント制な為、カランメソッド以外のコースもいつでも受講可能です。

カランメソッドは反復レッスンで単調な為、どうしても飽きがきてしまう時期が少なからずあります。

そんな時にQQ English(イングリッシュ)は、カランメソッド以外のレッスンで気分転換ができるので、カランメソッド自体に挫折してしまうチャンスも低くなります。

これまでカランメソッドを受講してきた効果のほどを、トピックカンバセーションのようなフリートークレッスンで確認するのもいいですね!

SHIZUKA
確かにカランメソッドは反復練習で単調な学習プロセスだから、たまに他のプログラムで気分転換できるのは嬉しいわね!

 

⑨:ネット環境の整ったオフィスから授業配信で快適なレッスン!

カランメソッドのレッスンは講師が高速スピードで話すため、ネット回線が悪かった場合は、さらに講師の話す内容が聞き取りにくくなり、せっかくのレッスンが台無しです。

講師にとっても、生徒の声が聞き取りにくい場合は的確な発音の指導も難しくなってしまいます。

QQ English(イングリッシュ)は、ネット環境の整ったオフィスから全てのレッスンを配信している為、回線が乱れる心配もなくストレスフリーなレッスンを受講できます。

さらに、QQ English(イングリッシュ)の推奨環境下で生徒がレッスン受講をしていたのにも関わらず、満足のできないレッスンだった場合はレッスンクオリティー保証制度でポイントやチケットが返還されるので、安心です。

 

\ カランメソッドで英語を学習したい人に充実したサービス・確かな実績!/

 

QQ English(イングリッシュ)のカランメソッド受講費用

price

QQ English(イングリッシュ)でカランメソッドを受講する場合に必要な費用は、コース別の月額料金とテキスト代金です。

入会金は一切必要ありません!

以下にそれぞれ詳しく説明していきますので、QQ English(イングリッシュ)のカランメソッドを検討されている方は、是非参考にして下さいね。

QQ English(イングリッシュ)の月額基本料金

プラン料金

出典:https://www.qqeng.com/

上のQQ English(イングリッシュ)月額料金表は、50ポイントの講師による25分のカランメソッド、あるいはカランメソッド・ビジネスレッスンを受講した場合の月ごとの最大レッスン数が記載されています。

QQ English(イングリッシュ)で25分のカランメソッドレッスンを受講する場合は、追加レッスンポイントが不要で、他のスタンダードカリキュラムと同等の50ポイントで受講可能です。

ただし、カランメソッドレッスン50分とカランメソッド・ビジネス50分コースは、追加レッスンポイントが必要です。

追加ポイントが必要なレッスンを受講する際、その都度追加ポイントを購入するのではなく、月ごとに付与されたポイントの中から消費されていくのがQQ English(イングリッシュ)のシステム。

以下にそれぞれのコースの必要レッスンポイントを表にまとめたので、参考にしてみて下さい。

コース レッスンポイント 必要な追加ポイント
カランメソッド 50ポイント~ 追加ポイント必要なし
カランメソッド50分 150ポイント 追加100ポイント
カランメソッド・ビジネス 50ポイント~ 追加ポイント必要なし
カランメソッド・ビジネス50分 150ポイント 追加100ポイント

上記の必要な追加ポイントは、全て50ポイントの講師でレッスンを受講した場合の追加ポイントです。

50ポイント以上の講師でそれぞれのレッスンを予約すると、差額の講師ポイントもプラスで必要となってきます。

急な用事などでレッスンが受けられず月末までにポイントが消費しきれなかった場合、ポイントの高い講師からレッスンを受講してみるといった、フレキシブルなレッスン受講が可能で便利ですよ。

 

SHIZUKA
他社のように1日1レッスンという縛りがなく、忙しい社会人や学生には嬉しいシステムね!

 

QQ English(イングリッシュ)のカランメソッドのテキスト代金

出典:https://callan.co.uk/

QQ English(イングリッシュ)はカランメソッドのテキストを無料で提供していません。

基本的にカランメソッドはレッスン中はテキストを見ることはご法度ですが、リーデイングのパートでテキストを使用するので購入が必須となります

QQ English(イングリッシュ)のオンラインストアから電子版、あるいは製本版のお好きな方を購入できます。

ダウンロード可能な電子版は1ステージ1,760円、製本版は1ステージ1,800円です。

予習と復習、そしてレッスンで行うリーディングエクササイズにカランメソッドのテキストが必要ですが、リーディングはカランメソッドのレッスン受講3回目までは登場しません。

まずは数回カランメソッドに挑戦し、継続を決めた時点での購入をするようにしましょう。

レッスンをスマホやタブレットで受講する予定の人は、テキストとレッスン画面を同時表示させるのは難しい・見にくいので、製本版の方がお勧めですよ!

テキストにあまりお金をかけたくない場合は、メルカリやヤフオクで半額程度で手に入るので利用してみるのも良いですね。

 

カランメソッドの特徴とレッスンルール

カランメソッドの特徴

  • 英語のインプット・アウトプット量が通常レッスンの4倍!
  • 講師の話すスピードがネイティブレベル、あるいはその1.5倍の速さでリスニング強化
  • 母語で考える隙のない質疑応答で、英語で思考・発言する瞬発力を形成
  • 徹底した反復作業で新しい単語や文法を修得
  • 発音や文法ミスの厳密な指導
  • レッスン中はスピーデイーな進行についていく為に、常に集中が必要
  • イギリス英語がベース

カランメソッドとは、1970年代にベルリッツで勤務していたカラン氏によって開発された、直接教授法(ダイレクトメソッド)。

母語は一切介さず、英語を英語として理解し修得していくメソッドです。

4倍速で英語をマスターできると評判のカランメソッドは、これまで30各国以上・500を超える英語学校が採用し、100万人以上の人々が受講した実績があります。

 

カランメソッドのレッスンルール

  • 短縮形を使用する
  • レッスン中に講師に質問してはいけない
  • 質問と同じ構造の文法・フルセンテンスで返答
  • 講師が2回質問をした後、間髪を入れずに返答する
  • 授業中のリーデイングパート以外ではテキストを見てはいけない

カランメソッドは上記のような、独特かつ徹底したレッスンのルールがあります。

 

まずその特徴の一つとしては、必ず短縮形を使わなければいけません。

I am = I’m / London is = London’s  / Where is = Where’s といった具合ですね。

 

そして、カランメゾットのレッスンは、質問と同じ文法構造を使いフルセンテンスの文章を反復練習することにより、正しい文法を自然と身につけて行きます。

例えば、講師が

講師
Is Mr Brown standing behind the house? 

と質問すると、通常の会話だと

No. He is standing in front of the house. 
生徒

と答えたくなりますよね。

しかしカランメソッドでは、以下の様に答えなければ行けません。

生徒
No, Mr Brown isn’t standing behind the house. He’s standing in front of the house.

 

そして講師が2回質問を投げかけた後、生徒は間髪を入れず返答をしなければいけません。

講師は質問を終えると同時に答えを口にし始め生徒に返答を促す事により、生徒に母語で考える隙を与えないのです。

このトレーニングが英語を英語として理解する反射能力を鍛え、英語脳を形成していきます。

 

カランメソッドの効果や内容、ルールなどを以下の記事で詳しく書いているので、更に深く知りたい人は是非参考にしてみて下さい。

カランメソッドとは?ルールや効果を徹底解説!

 

QQ English(イングリッシュ)のカランメソッド2種を計11回受講レポート

これまで、ご説明した通りQQ English(イングリッシュ)は4種のカランメソッコースを提供しています。

その中から以下2種のコースを計11回受講してみました。

受講した3種のコース

カランメソッド25分 (10回)

カランメソッド・ビジネス25分 (1回)

それぞれのコースの内容や流れ、特徴などを詳しく解説していきますね!

QQ English(イングリッシュ)のカランメソッドの進行や内容を知りたい方や、どのカランメソッドのコースに挑戦しようか迷っている人も是非参考にしてみて下さい。

 

QQ English(イングリッシュ)のカランメソッドレッスンの構成と流れ

まずは、QQ English(イングリッシュ)のカランメソッドレッスンの全体像をつかむために、1レッスンの構成内容を以下に解説しますね。

レッスン構成・流れ

  • Daily Revision (前回の復習)
  • New Words (新しい単語) &質疑応答
  • リーディング & ディクテーション

リーディングとディクテーションは毎回ある訳ではなく、1ステージを終了する際の最後のレッスンでは総復習を行ったりしますが、基本的にQQ English(イングリッシュ)のカランメソッドレッスンは、上記3つのパートで構成されています。

 

Daily Revision (前回の復習)

25分間レッスンの最初の10分程度を使い、前回の復習を行います。

前回のレッスンで学習した単語や表現を再度、講師の質問に返答する形でおさらいをし、学習内容の定着を図ります。

Daily Revisionでもスピーデイーな返答を求められるので、レッスン前に前回学習した内容に目を通しておくと、スムーズに進み学習効果も高まります。

 

New Words (新しい単語) &質疑応答

新しい単語や表現を学習していくレッスンのメーンパートで、以下の構成から成り立っています。

New Words & 質疑応答の構成

  • Repeat
  • Listen
  • Question
  • Reading & Dictation

以下に、それぞれ詳しく説明しますね。

1.Repeat

講師の「Repeat」という指示を合図に、講師の読み上げる単語を復唱し、新しい単語を学習していきます。

この時、発音や三単現のミスについても指導が入ります。

ステージ1の最初のレッスンで登場する単語はPen, Pencil, Bookといった簡単な物ばかりですが、たまにpluralやcontraction, consonantと少し難解な文法言葉も登場します。

2.Listen

一通り新しい単語を音読し終わると、講師が「Listen」と指示を出し、Repeatのパートで学んだ単語を使った以下のような文章を読み上げます。

講師
The black pencil is here. The table is large. The book is on the table.

この「Listen」のパートでは、「Repeat」で学習した単語を文章として講師が提示する事で、学習した単語の定着化を図ると同時に、新しい文法や文の構造も学んでいきます。

次の質疑応答のパートでは「Listen」で学んだ表現・文法を使い、講師の質問に生徒は返答していきます。

この為「Listen」の時に、ただ聞き流すだけではなく、しっかり集中して文章の構造を理解するように心がけましょう!

3.Question

質疑応答のパートに移行する際は、講師は「Repeat」や「Liesten」の時と違い、何も合図を出してくれません。

質問が2回講師によって繰り返されたら、返答が求められているという合図です。

講師が次の様な質問をしてくるので、間髪を入れずに返答をしなければいけません。

講師
Is London a village? Is London a village?

以下の様に質問に対して、同じ文章構造、短縮形、フルセンテンスで答えなければいけません。

No, London isn’t a village. It’s a city.
生徒

講師は質問を2回繰り返した直後に、答えを口にし始めるので、講師より先に返答するのは至難の技です。

講師とハモるスピードで返答できることを目指しましょう!

4. Reading & Dictation

レッスン回数が3~4回目になると、リーデイングのエクササイズもレッスンに登場するようになります。

リーデイングは、テキストの文章を生徒が読み上げ、正しい発音の指導を講師がしてくれます。

通常は、レッスン中にテキストを見ることはご法度ですが、リーデイングの時のみテキストを開く事が許されます。

デイクテーションはレッスンが8回目頃から登場するようになり、講師が話すセンテンスを生徒がタイピングしていきます。

スペルミスや、句読点の有無、大文字・小文字などの正しい使い方など細かく講師が画面上で添削していきます。

デイクテーションは、PCのキーボードを打った方がスマホやタブレットよりも快適かつスピーデイーにタイピングできます。

スマホやタブレットでレッスンを受ける時は、キーボードの予測変換機能はオフにしておきましょう

 

QQ English(イングリッシュ)のカランメソッド計11回受講レポート

それでは、QQ English(イングリッシュ)で2種のカランメソッドを計11回受講した内容や、感想、実感した効果などを詳しくご紹介していきます。

実際にQQ English(イングリッシュ)でカランメソッドに挑戦しようとしている方は、レッスンの流れや内容を理解することで授業を最大限に活用できるので、是非参考にしてみて下さいね。

カランメソッド1回目レポート

kenaf

出典:https://www.qqeng.com/

一度目のレッスンは、「カランメソッドが得意」という絞り込み検索にヒットした、指導歴3年6ヵ月、50ポイント、評価が5星の「Kenaf」さんでした。

講師がClassroom・Skypeに入室後、簡単な挨拶を交わした後、カランメソッドレッスンの進行の仕方や、受講する際のルールについての以下の動画を講師が再生します。

カランメソッドの説明動画を見終えると、講師が質問はあるかと聞いてきましたが

特に何を聞いていいか分からないので、Noと返答しそのままレッスンに突入!

 

lesson1

上の画像は、QQ English(イングリッシュ)のレッスン通信ツール「Classroom」をブラウザー上で開きレッスンを受講している画面です。

画面の左側に、講師がレッスンで使用する画像やチャートが表示されます。

Skypeでは画面上で画像・チャートのシェアができず、講師がスクリーン越しに画像のプリントに指をさしながらレッスンをする為、「Classroom」でのレッスン受講が断然おすすめです。

まずは、「Repeat」のパートから。

講師の後に続いてTable, Clock, Window, Doorなど単語を復唱していきます。

次に「Listen」と指示の後に、講師が「Repeat」のパートで学んだ単語をIt’s a table. / It’s a clock. / It’s a windowと、文章にして読み上げます。

すると、突然講師は画面の写真に赤枠マーカーを表示し、What’s this? What’s this? と質問を投げかけてきました。

これまで「Repeat」や「Listen」と私が取るべき行動の指示が出てましたが、質疑応答になると、質問に答えて下さいねといった指示が何もありませんでした。

突然の質問に、返答すべき事に気付かずにキョトンとしていました。💦

質問に答えずにいると、講師が答えを口にし始め、私に向かって手のひらを差し出すジェスチャーをした時点で、やっと、私が答えなければいけないという事に気付きました!

そして、質問は次々と投げかけられて行きます。

講師
Is this a book? Is this a book?
No, it’s not a book. It’s a pencil.
SHIZUKA

ここで、すかさず講師の指導が入る!

講師
No, it isn’t a book. It’s a pencil.

私の頭の中は、なぜ it’s not がいけないんだ!?と頭の中は?マークでいっぱい!

カランメソッドは質問の文章の構造を使い、短縮形で答えなければならないので、私の答えはアウトらしい。。

 

畳みかけるように、次の質問。

講師
Is the pencil long? Is the pencil long?
No, pencil isn’t long. It’s short. (内心の声:どうだ!) 
SHIZUKA
講師
No, the pencil isn’t long. It’s short.

あ、冠詞抜けてた。。

 

講師
Is the table small? Is the table small?
(内心の声:ん-このテーブル小さいかな?普通サイズだよね)
SHIZUKA
講師
No, the table isn’t small. It’s large

質問されたテーブルのサイズを考えている暇さえなく、講師が答えを口にし始める!

は、早い!!

これが日本語で考える隙を与えず、英語脳を作るメソッドか!

 

講師
Is the room short? Is the room short?
(内心の声:.....普通、部屋の寸法を表現する時「短い」っていう形容詞つかうか?)
SHIZUKA
講師
No, the room isn’t short. It’s large.

このような質問の繰り返しでレッスンが進んでいきました。

 

いやー、こんなにフルセンテンスと正しい短縮形を使って質問に返答する事が、難しいなんて想像していませんでした!

おまけに、カランメソッドのレッスン一回目なのでレッスンの進行に慣れておらず、「Listen」のパートなのに、リピートしたり。。

質問に返答する時は、気が焦って講師が一回質問をした後に答え始めてしまい、タイミングが合わなかったり。。

正直、リアルな状況でこんな質問しないよね?というような内容も時にあり、戸惑った時もありました。

しかし、カランメソッドの極意は繰り返す反復練習によって、正しい文法を身に着けていく事!

そして、質問に対して一つの答え方のみOKのカランメソッド

質問の内容に対して悩んでいる時間を削除し即答する為にも、予習が大切だという事を初回レッスンで痛感しました。

25分のレッスンが終了するとドッと疲労感を感じましたが、くそー!次回のレッスンではカランメソッドのルール攻略してやる!

と、まるでゲームをプレイしている時の様に、闘志がふつふつと沸いてきましたよ。

 

講師のアクセントは強いフィリピン訛りもなく、はっきりとした口調で話していたので、高速スピードで話すにもかかわらず、聞き取りやすかったです。

レッスン中の発音や、文法のミスもビシバシご指導いただきました!

 

カランメソッド2回目レポート

armani

出典:https://www.qqeng.com/

2回目のカランメソッドレッスンに選んだ講師はArmani先生。

QQ English(イングリッシュ)で2年間の講師歴があり、評価も5星。

受講者のレビューでカランメソッドのレッスンをArmani先生から受け良かったとのレビューがいくつかあったので、彼女に決定!

レッスンは今日1日どうだった?などの軽い挨拶を2分程度した後、10分程かけて前回の復習(Daily Revison)。

復習は全て講師の質問に答えていく形式で、「Listen」や「Repeat」のエクササイズはありません。

次々と投げられる質問に気が動転して、すでに前回学習したはずなのに思うようにスムーズに答えられない!

レッスンが始まる前に前回の内容に目を通したり、以下の画像のレッスン履歴・再生ボタンから確認できる、前回の動画を確認しておく事の大切さを学びました。

hukusyu

出典:https://www.qqeng.com/

Daily Revisionが終わると、今回のレッスンで新単語を学んで行く「New Words」へと進んで行きます。

75ポイントの講師だけあり、話すスピードや返答を促すタイミングが、初回50ポイントの講師よりも早い気が!

スピードが早いだけあって日本語で考えている暇もないが、文法の構造も理解するチャンスもない感じ。。

英語のビギナーやカランメソッドに慣れていない人は、下手に高ポイントの講師から受講するよりも、50ポイント講師のレッスンの方が取り組みやすいのでは?と感じました。

 

カランメソッド3回目レポート

paxton

出典:https://www.qqeng.com/

今回選んだ講師は、Paxton先生。普段は、同性の女性講師の方がリラックスできるので、男性講師はあまり選ばないのですが、気分転換に男性講師に挑戦!

講師歴は3年4ヶ月ですが、他の生徒のレビュー数が14と少な目だったので、どんなレッスンになるか少々ナーバスでしたがPaxton先生当たりでした!

カランメソッドのレッスンも3回目となり、進行の流れや返答するタイミングなどもつかめてきた感じがあり、復習の効果もあってか、前回と比べるとテンポ良く先生の質問に答えられたDaily Revision。

返答のスピードが素晴らしいね!と褒めてもらい、Daily Revisionが終わると同時に、やる気がパワーアップ!

New Wordsで新しい単語をリピートする時や質問に返答する際は、苦手な冠詞、短縮形、発音などのミスをPaxton先生から徹底的に指導されましたが、始終笑顔な点と、正しく言えた場合はその都度「Very good!」などと褒めて貰えるので、指導される事が全く苦になりませんでした。

そして、今回のレッスンでは初めてのリーデイングに挑戦!

reading

QQイングリッシュのレッスン通信ツール「Classroom」と電子版のテキストをPC画面に同時表示してのリーディングレッスンでした。

それぞれの画面サイズを調整しなくても良い為、製本テキストの方がリーデイングの際も使い勝手がいいなと感じましたよ。

Paxton先生は、テキストの1ページを開いてリーデイングをして行きましょうと指示を出しますが、カランメソッド以外のテキストでよくある「Reading」とタイトルがついた部分が見つからず、少々戸惑ってしまいました。

実際に取り組んだリーデイングの内容とは、これまで学習を進めてきたテキストの内容を、順番に読み上げていく事でした。

リーデイングでも、これまで学んだ内容を徹底的に繰り返す事で、体に叩き込んでいくのがカランメソッド流なんですね!

このリーデイング作業でも素晴らしかったのが、生徒の私だけが淡々と読み上げるのではなく、私が読んでいる内容をPaxton先生も真剣な表情で、同時に口パクしている事でした!

そして難しい単語を上手く音読できた時は先生の表情が笑顔になったりと、先生のレッスンに対する情熱を感じられる素晴らしい授業でした!

カランメソッドは単調な作業な為、つまらない、飽きがくるといった声も聞きますが、講師のレッスンに対する姿勢で、これほど、やる気や楽しさが出るものだなと感じましたよ。

 

カランメソッド4回~7回目レポート

3回目のレッスンで受講したPaxton先生がとても良かったので、4回目~7回目も同じ先生で受講する事に。

Paxton先生は生徒のレビュー数が14と少ない割りに、向こう2週間の予約枠の約90%が既に埋まっていました!

50講師ポイントなのに、とても素晴らしい先生だったので、他の生徒さん達も内緒にしていきたいと、あまりレビューを残していないのかも。

毎回同じ講師とレッスンをする事で、講師の話すスピードや、質問に返答するタイミングが講師と息が合うようになってくる為、シャドーイングをしているだけという状態から脱出しやすくなります。

さらに講師の発音やアクセントにも耳が慣れてくるので、講師の話す高速スピードにもついていけるようになってきました。

そして、カランメソッド6回目を受講した頃から、フルセンテンスで返答する事に慣れ始めた感覚が!

ただ、フルセンテンスで正しく答える為には「Listen」で提示される文章を正しく聞き取り、文章の構造を理解する事が重要だと気付くようになりました。

 

カランメソッド8回目レポート

8回目のレッスンでデイクテーションのエクササイズが登場しました。

講師が発話する単語や文章を生徒がチャットボックスにタイプをしていきますが、スペルや文法のミスをその場で細かく指導してくれます。

オンライン英会話ではどうしても会話中心になる事と、自習の時間も中々取れない私は、単語のスペルを覚える機会がほとんどありません。

この為、QQイングリッシュのカランメソッドでデイクテーションのエクササイズがレッスンに組み込まれているのはライティングの練習になり、とても嬉しいサービスです。

講師の話す文章も、きちんと一語一語全て聞き取れているかの確認にもなるので、リスニングをする際に集中して聞くように努めました。

そして25分間続けて全集中することは、カランメソッドを始めたばかりの頃はかなりの負担でしたがが、この頃になると大分慣れてきた感覚もあります。

ただ、カランメソッドのレッスンを毎日続けて受講できていなかったので、レッスン前に復習をしなかった時は、前回学んだ内容を忘れてしまいスムーズな返答ができなくなった時もありました。💦

毎日受講するのがベストですが、日を飛ばしてレッスンを受講する時は、さらに復習する事が重要だと再確認。

 

カランメソッド9回~10回目レポート

この記事でレポートをするQQイングリッシュのカランメソッドレッスンも終盤に入る9回目と10回目のレッスン。

カランメソッドのルールにも大分慣れ、予習・復習もレッスンを始める前の15分程度しかしていませんでしたが、以前と比べると質問にテンポ良く、スムーズに答えられるようになってきた手ごたえが!

苦手だった冠詞や短縮形もミスを指摘される回数がグッと減り、既に間違って使っていた文法が直ってきている実感があります。

レッスン9回目でカランメソッドのステージ1を全て完了し、10回目のレッスンではステージ1の内容を総復習しました。

10回目のレッスンは再度お気に入りのPaxton先生から受講したのですが、最初の頃と比べると、ミスが少なくなってきたねとお褒めの言葉もいただきましたよ!

この頃になるとレッスン開始時に3分程度かわす挨拶や世間話でも、以前のように短い文章でつっけんどんに答えるのではなく、フルセンテンスで答える癖がついてきたためか、会話がさらに弾むようになりました。

 

\ 4倍速で英語の習得が可能なカランメソッドを体験できる!

 

カランメソッド11回目レポート【カランメソッド・ビジネス】

さて、興味本位で受講したQQ English (イングリッシュ)のカランメソッド・ビジネスのレポートを解説していきたいと思います。

fressia

出典:https://www.qqeng.com/

今回選んだ講師は、なんと指導歴7年のFressia先生。

レッスン受講を思いついた30分後のレッスン枠の予約が取れました!

カランメソッド・ビジネスでも、新しい単語を講師の後に復唱し、新単語を含んだ文章を講師が読み上げるのを聞き、質疑応答を繰り返すといった流れは、通常のカランメソッドと同じです。

学んで行く単語は全てビジネス関連の物で、文章もビジネスのシチュエーションに沿った内容です。

カランメソッドを、ビジネスのシチュエーションで学んで行けるなんて一石二鳥!と思い受講してみたのですが、残念ながらあまりおすすめできない内容でした。

まず新単語を学ぶにあたり、単語の意味を講師が口頭で説明するのですが、これがとてつもなく長い!

例えば、Economicの意味を説明するにのに、以下の文章を講師は延々と読み上げます。

The word “economic” means “related to money or the economy”. For example, we can say “That country has severe economic problems”. The word “economical”, on the other hand, means “providing good value” or “requiring less money than usual”. For example, we can say “The car cost quiet a lot to buy, but it’s very economical to run”.

引用:http://callan.co.uk

レッスンで新しい単語が登場する度に、講師は上記と同様の長さの説明を読み上げ、その間、生徒は受動的に聞いているのみ。

感覚としては、講師の単語に対する説明をレッスンの半分程度聞いている感じでした。

これでは、せっかくのアウトプットの機会が激減!

しかも、延々とした長文を読み上げるために、7年指導歴のあるFressia先生はスクリーン上にあるであろうセリフをガン見しながら、頑張ってる感満載!

大変そうなだーと思いながら聞いていましたよ。笑

 

そして、講師の質問に答えるべき返答がフルセンテンスで答えなければならない為、非常に長文!

英語のレベル以前に、記憶力の力試し状態💦

通常のカランメソッドは英語の上達に非常に効果があると感じましたが、カランメソッド・ビジネスは個人的には受講しなくてもいいかなと感じましたよ。

 

QQ English(イングリッシュ)のカランメソッドを受講し気付いた4つのポイント

  • カランメソッドは単調でつまらないという意見は選ぶ先生を誤っている為
  • 毎回違う講師よりも、同じ講師とレッスンを続けた方が効果を感じやすい
  • 短時間でも必ず予習・復習すると積極的に発言ができる
  • カランメソッドの25分間のレッスンは初心者には最適な長さ

上記のリストは、QQ English(イングリッシュ)でカランメソッドレッスンを計11回受講した事で分かった事柄です。

それぞれ、以下に詳しく説明しますね。

 

カランメソッドは単調で退屈という意見は選ぶ講師を誤っている為

misstake確かにカランメソッドは徹底した反復トレーニングなので、単調ではあります。

ただ、カランメソッドの質疑応答は決まったパターンがあるので、今回はつまずいてしまったとしても、次回は絶対攻略してやる!といった、まるでゲーム感覚のモチベーションが沸いてきます!

また、正しく回答できた際に、情熱に溢れた講師が自分事の様に喜んでくれると、俄然レッスンも楽しくなり、ヤル気も沸いてきます!

QQ English(イングリッシュ)は、どの講師を選んでもカランメソッドの教え方は一貫していますが、褒め上手な講師もいれば、指摘を事細かくしてくれる講師、リアクションが大きくやりがいを感じられる講師など、講師の特徴は千差万別です。

カランメソッドのレッスンの受けるごとに、自分のモチベーションをスイッチオンしてくれる講師の素質とは何なのかが分かり始めます。

まずは様々な講師を試し、自分に合った講師を開拓していくと良いでしょう。

様々な講師を試していく上で一つ覚えておきたい事は、ポイントの高い講師の方が50ポイントの通常講師よりも話すスピードやレッスンの進行が早く、特に英語初心者にはつらく感じやすくなります。

英語初心者は、高い講師ポイントの先生に挑戦するよりも、50ポイントの講師から基礎力をつけていった方が賢明かもしれません。

 

毎回違う講師よりも、同じ講師とレッスンを続けた方が効果を感じやすい

YAYQQ English(イングリッシュ)に限らず、カランメソッドを提供しているスクールの全ての講師は、返答の答えを口に出し始めるタイミングが微妙に変化します。

毎回違う講師からレッスンを受けていると、講師とのやりとりのタイミングが合わず返答の答えに集中できません。

自分のレベルに合ったお気に入りの講師を開拓し、可能なかぎりお気に入り講師からレッスンを受ける事で、講師と息の合ったスムーズな受け答えが可能になります。

さらに、同じ講師からレッスンを受講する事でアクセントにも慣れて来るため、講師の高速スピード発話に耳がついて行きやすくなります。

QQ English(イングリッシュ)は2週間先までレッスンの予約が可能なので、お気に入りの講師を何人か開拓したら、早めにそれらの講師のレッスン枠を予約してしまいましょう!

 

短時間でも必ず予習・復習すると学習効果の高いレッスンに!

LIGHT bULBカランメソッドは、すべてのレッスンが復習(Daily Revision)から始まります。

復習の時も、高速スピードで次々とこれまで学んだ内容の質問が投げかけられてくるので、改めて返答内容を考えている暇はありません。

レッスン前に復習をしておく事で記憶がリフレッシュされるので、Daily Revisionに取り組む際に、正確でスピーデイーな返答が可能になります。

さらに予習もしておく事で、レッスンで新しく取り組む内容や、質問に答えるべき正しい文章がすでに理解できている為、本番レッスン中にどう答えようか悩む事がなく、素早い返答が可能となります。

ちなみにDaily Revisionは、前回のレッスン内容だけではなく、それぞれのステージのレッスン1からの内容を繰り返し復習していきます。

苦手だったパートや理解に苦しんだ部分は、特に時間をかけて復習しておくようにしましょう。

 

カランメソッドの25分間レッスンは初心者には最適な長さ

25MINカランメソッドのレッスンは講師の高速の発話とスピーデイーな進行、さらに瞬時に的確に質問に返答が求められるため、25分間継続した集中が必要です。

25分間の全集中は非常に負担が重く、カランメソッドに慣れていない生徒にとっては1レッスンを終えただけでも、ぐったりした感覚に襲われます。

QQ English(イングリッシュ)では、カランメソッド・ハードコア50分コースも提供されており、通常のカランメソッドレッスンを50分にアップグレードする事も可能です。

しかし、50分続けてカランメソッドを受講するとなると、特に初心者はレッスン後半で集中力が切れてきてしまい、せっかくのカラン効果も発揮されにくくなってしまいます

50分間レッスンを受講したい場合は、カランメソッドを2回連続で受講するよりも、フリートークを2回目のレッスンに受ければカランの効果が感じられ、充実したレッスンになりますよ!

 

QQ English (イングリッシュ)のカランメソッドを計11回受講し感じ始めた効果

  • 発音が向上した!
  • 文法のミスが少なくなった!
  • 英語で会話している夢を見た!
  • ネイティブの話すスピードが以前よりも聞き取れるようになった!
  • 質問にフルセンテンスで答える癖がつき、返答のスピードも早くなった!

発音が向上した!

talk11回カランメソッドを受講したQQ English(イングリッシュ)の講師達は、全員訛りがほとんどない、とても綺麗なアメリカンアクセントで話す講師たちばかりでした。

そして、そんな講師から発音ミスもビシバシ指摘されます。

さらには講師の発話に全集中で耳を傾けているため、自然と正しい発音も脳にインプットされていきます。

このダブル効果で、レッスンを続けるごとに発音で指摘される回数も減ってきました。

 

文法のミスが少なくなった!

grammar以前の私は、英会話は文法のミスがあっても、言いたい事が伝わればいいやと、文法に関して投げやりな部分がありました。

この為、カランメソッドを受講した3回~4回目くらいまでは、TOIECのスコアが975点あるにも関わらず、質疑応答で答える半分以上の文章に対して文法ミスの指導をされていた始末です。

特に、aやtheなどの冠詞や三単現、短縮形などはコテンパンにやられていました。💦

上記の文法に注意を払いレッスンを継続していった結果、レッスン8~9回目に入る頃になると、文法ミスに対する指導がほぼ無くなりました!

QQ English(イングリッシュ)でカランメソッドのレッスンを受けた事により、ライティングの文法も質があがり、英文を書く時に私が使用している英作文添削アプリ・Grammarlyがピックアップするミスも各段に少なくなりました!

正しい英語が操れるようになると、フォーマルなビジネスシーンでも説得力があると同時に、失礼にあたらない文章を構成できる為、円滑なコミュニケーションが可能になり大変役立ってくれます。

 

英語で会話している夢を見るようになった!

hello以前は英語で夢を見ることなどなかったのですが、QQ English(イングリッシュ)でカランメソッドを受講しはじめてからは、英語で会話している夢をたまに見るようになりました。

これには、驚きです!

カランメソッドのトレーニングのおかげで、無意識レベルでも英語で思考することが可能となり、英語脳が形成されてきた証拠かもしれませんね。

しかし、毎日カランメソッドのレッスンを受講している時は、英語で夢を見ることもありますが、レッスンの感覚があくと全て日本語の夢に戻ってしまいます。

やはり、毎日カランメソッドを受講して脳を鍛えていく事が大切ですね!

 

ネイティブの話すスピードが以前よりも聞き取れるようになった。

nativeQQ English(イングリッシュ)でカランメソッドを受講し始める以前は、洋画の映画やドラマでは、必ず英語の字幕をつけなければ、何を言っているのか分からない事がほとんどでした。

しかし、カランメソッドのレッスンを10回受講した頃に洋画を字幕なしで見てみた所、以前よりもセリフが聞き取れている感覚があります。

他社のオンライン英会話で、ネイティブとのフリートークレッスンを試しにしてみた所、以前より聞き返す事も少なくなった実感も!

これも、超高速で講師が発話するカランメソッドで耳が強化されてきたおかげですね。

 

フルセンテンスで答える癖がつき、返答スピードも早くなった!

full-sentenceQQ English(イングリッシュ)でカランメソッドのレッスン受講以来、フルセンテンスで返答するトレーニングの効果がフリートークレッスンを受講した際に強く感じる事ができました。

カランメソッドを受講する前は、無精な性格と英語を話すという緊張から、とにかく短い文章で答えようとしていました。

しかしカランメソッドのレッスンを受講しはじめてからは、対話する人の使っていた単語と自分の意見を織り込んだ、フルセンテンスの返答を返せるようになってきました。

上記の話し方ができるようになってから対話相手も私から得られる情報量がグッと増えた事に加え、返答のスピードも早くなったため、コミュニケーションのテンポが改善し、以前よりも会話が盛り上がるようになりました!

 

\ 短期間でも英語の上達を実感できるカランメソッド♪

 

QQ English(イングリッシュ)で自分に最適なカラン講師の選び方

講師の選び方

  • 「カランメソッドが得意」のオプションをオンにして絞り込み検索
  • 講師プロフィールを確認
  • 生徒たちのレビューの参考
  • 予約枠の残り具合で人気度を推測

上記が、自分に適したカランメソッドの講師を選ぶ簡単な流れです。

 

予約

まずは、上の予約画面の黄色の枠で囲った「カランメソッドが得意」のオプションをクリックして絞り込み検索をします。

 

RON

出典:https://www.qqeng.com/

次に、絞り込み検索結果でリストアップされた講師の顔写真をクリックすると、上の画像のように講師の詳しいプロフィールページが開きます。

自己紹介動画のボタンをクリックし、講師の話すスピードやアクセントが聞き取りやすいかをチェックしてみましょう。

指導歴も2年以上あれば、安心です。

★マークのとなりにあるカッコの中の数字が生徒が残した評価のレビュー数となり、この部分をクリックするとレビューを確認する事ができます。

「スピードが早い」「テンポが丁度良い」「自分のペースに合わせてくれた」など、カランメソッドを受講した生徒たちのレビューも参考にしてみるのも良いですね。

ただ、今回私が10回カランメソッドのレッスンを受けた中で、一番のお気に入りとなったPaxton先生は14個しかレビューがありませんでしたが、レッスンに対する情熱を一番感じられ、文法や発音の指導を一番熱心に行ってくれました。

Paxton先生は50ポイントなのにも関わらず非常に素晴らしい講師だったので、人気が出過ぎて予約が取れにくくなったら困るといった気持ちから、他の生徒もわざとレビューを残していないのかも知れませんね。

レビュー数が少なくても、人気の講師は予約枠の大半が埋まっている講師が多いです。

予約枠の残り数から、人気具合を見極め試してみるのも良いアイデアでしょう。

生徒が講師に求める素質は、「褒め上手」「スピード」「ミスの指導数」など、千差万別です。

まずは、色々な講師からレッスンを受け自分のお気に入りの講師を開拓していって下さい。

 

まとめ

今回、QQ English(イングリッシュ)のカランメソッド2種に計11回挑戦した事で、最適な受講の仕方が分かり、すでに効果も実感できるようになりました。

最適な受講の仕方

  • テキストは製本版の方が使いやすい。
  • 予習・復習をしてレッスンに取り組めば、効果的なレッスンに。
  • 自分と息の合う講師の開拓をし、お気に入りの講師とレッスンを続けるためにレッスン枠を早めに確保。
  • 50分続けてカランメソッドを受けるより、25分カランメソッド+25分フリートークの方がメリハリが出て良し。

以上のポイントに気をつければ、学習効果が高くストレスを感じないカランメソッドのレッスンをQQ English(イングリッシュ)で受講できます。

レッスン11回目にして、すでに文法・発音矯正からリスニング力と返答の速さの向上など、カランメソッドの効果もすでに実感でき、大変満足しています!

明治大学生との実証実験でも立証された通りQQ English(イングリッシュ)のカランメソッドは、英語の現状レベルにかかわらず、あらゆる人に英語力がアップする効果がありました。

QQ English(イングリッシュ)の2回の無料体験で、25分のカランメソッドレッスンが1回受講できるので、是非あなたもトライしてみて下さいね!

 

学生のTOIECスコアが平均110点・最高250点UPしたカランメソッドを体験できる/

 

 

QQ English(イングリッシュ)の概要

会社概要 スクール名 QQ English
ホームページ https://www.qqeng.com/
運営会社名 株式会社QQ English
本社 東京都新宿区西新宿1-11-11 河野ビル6F
設立日 昭和62年5月18日
資本金 1億円
料金(税込) 学習プラン月額料金
  • 月4回キッズコース:2,178円
  • 月8回コース:4,053円
  • 月16回コース:7,348円
  • 月30回コース:10,648円

*月あたりのレッスン回数は、50ポイントの講師から受講した場合。

教材 カランメソッドなどの一部を除き無料
最安値レッスン単価 355円(月30回コース)
レッスンについて レッスン時間単位 25分
受講可能時間 24時間
レッスン体系 マンツーマン
レッスン通信ツール Classroom(独自レッスン通信ツール)・Skype
講師 国籍 フィリピン
資格 講師全員、国際英語教授免許「TESOL」保持
雇用体系 講師全員正社員
勤務環境 オフィス
人数 1,300人
カリキュラム・教材    

 

  • カランメソッド
  • カランメソッド・ビジネス
  • R.E.M.S(反射的に英作文を可能にするメソッド)
  • 文法
  • 日常英会話
  • 旅行英会話
  • ビジネスイングリッシュ
  • フリートーク(ニュースや社会問題をトピックに)

 

  • 幼児~中学生向け教材
  • TOIEC対策
  • 英検対策
  • IELTS対策
  • 発音対策
  • おもてなし英語
  • ケンブリッジ大学の学生が講師・世界の生徒とグループレッスン
無料体験 2回
  • 1回目:レベルチェック
  • 2回目:好きなカリキュラムを選択受講

表で分かりやすく、QQ English(イングリッシュ)の概要をまとめてみました。

さらに詳しい詳細は、QQ English(イングリッシュ)の公式サイトで確認してみて下さいね。

 

-オンライン英会話, 英語学習

© 2021 Allied Bright Living Powered by AFFINGER5